外部被曝と内部被曝の危険性

第3弾 原発連続学習会

北九州革新懇と北九州平和委員会、門司の環境を考える会、本紙などが共催する「原発エネルギー政策を考える連続学習会」の第3回目が11月3日(木)午後2時から、八幡東区中央のレインボープラザ大ホールで開催される。

講師に琉球大学の矢ケ崎克馬・名誉教授(物性物理学専門)を招き、外部被曝と内部被曝の違いや危険性について学習する。資料代は500円。

問い合わせは北九州革新懇?093(592)5000まで。

(2011年10月21日付)



Yahoo!ブックマークに登録

サイト内の記事・写真・データ・その他の著作権は小倉タイムスが所有・管理しています。許可なく転載することを固くお断りします。