町かど町はずれースマートオフィス

八幡東区東田で風力発電

 

北九州市立いのちのたび博物館から、黒崎バイパス(JR黒崎駅北)に向けて行くと右側に下写真のような物体が九州ヒューマンメディア創造センター横に見える。(JR八幡駅地下連絡通路を抜けても行ける)

写真は風力発電の風車。昨年度から始まった「スマートオフィス化構想」の一環とパンフにある。ビル内外のスマート化として屋上緑化や風力発電や太陽光発電などで電源の再生可能なエネルギーの自給自足化とでもいえばいいのだろうか。

風車は安川電機製で発電量は毎時3キロ㍗。太陽光発電は毎時10キロ㍗。ビルの玄関ホールには発電量と消費電力を分かりやすく提示。訪れた日の二酸化炭素削減量は48㌔で杉の木3本分。総発電量は太陽光43・24㌔㍗。乾電池1万1000本分だった。この数字は刻刻と変わっていく。

(2011年7月11日付)



Yahoo!ブックマークに登録

サイト内の記事・写真・データ・その他の著作権は小倉タイムスが所有・管理しています。許可なく転載することを固くお断りします。