仁義なき戦い 共産 自民制す

北九州市議会若松区補選 山内氏勝利

1面写真②

激戦の若松選挙区の市議補選は、共産党の山内涼成氏が1万票を超す得票で当選した。野依謙介市議の死去に伴う補欠選挙は4人が立候補したが、事実上、自民党と共産党の一騎打ちだった。

「自共対決に勝った!」。1月25日、午後9時40分。山内氏当選の報に元市議の野依いさむ氏は拳を揚げ、「山内が勝った。これで仏壇の謙介に報告ができる」と涙を拳で拭った。

若松選挙区は既に自民党議員が2人いる。直近の2年前の選挙の獲得票は計9359票。共産党は4964票のダブルスコア。ここで県議も市議も失うのか。

「もうダメよ」の悲観論が支配した陣営だが一方で「像に向かう蟻」論が囁かれ始めた。

 

投票結果

山内涼成 1万142票 共産

反田 勉  9970票 自民

高田 崇  3161票  無

宮本浩二  1534票  無

(2015年2月1日号)

 

 

 



Yahoo!ブックマークに登録

サイト内の記事・写真・データ・その他の著作権は小倉タイムスが所有・管理しています。許可なく転載することを固くお断りします。

コメントはまだありません。

コメントする

*